スウィープホワイト 黒ずみ 美白

メラニン

メラニンとは

メラニンとは皮膚や毛に含まれている色素のことです。

 

 

皮膚に含まれているメラニンは、表皮の基底層にあるメラノサイトが、紫外線などの刺激を受けて生成します。
これは、メラニンが紫外線などの刺激から肌を守る働きをするためです。

 

メラニンは、シミや黒ずみの元になり、肌に悪いというイメージが強いようですが、実は肌を守る大切な働きをするために生成されています。

 

もし、メラニン色素がなければ、紫外線は皮膚の奥深くまで入り込み、少し紫外線を浴びただけで水ぶくれや炎症を起こしてしまいます。紫外線によるDNAの破壊、皮膚癌の発生を未然に防いでくれていたりと、メラニン色素は肌トラブルや病気を防ぐために必要な物質です。

 

 

シミや黒ずみのメカニズム

 

紫外線などの刺激が、ケラチノサイト(表皮細胞)という物質を刺激

 

          ↓

 

プラスミン(メラノサイト活性因子)が、メラノサイトにメラニンを発生させるよう指令

 

          ↓

 

メラノサイトが肌を守るためらメラニンを生成。

 

          ↓

 

メラニンはケラチノサイトに溜まっていき、蓄積されることで色素沈着を起こしてシミや黒ずみになる

 

 

 

脇やデリケートゾーンの皮膚は薄く弱いため、刺激を受けやすくメラノサイトが活性化しやすいようです。

 

 

見られたいワキになる【スウィープホワイト】